Miriam Haskell ホワイトネックレス

Category : ネックレス・ペンダント


ボリュームのあるドロップがすてきなネックレス。
円柱形のビーズにはフィリグリーキャップがつけられています。 ドロップ上部にもフィリグリーキャップが使われ、バチカンには柄が彫られています。
メタルパーツには経年による黒ずみが多少見られますが、それ以外は良好な状態です。
サイズ:50 cm + 12 cm(ドロップ)
サイン:MIRIAM HASKELL
コンディション:★★★★☆


* * * * * * * * * * * * * * *


Miriam Haskell(ミリアム・ハスケル)
エレガントで、華やかなデザイン、精巧な細工、最高級の素材。ハスケルのジュエリーはその誕生から80年あまりを経た今日でも世界中の女性を魅了し続けています。


ミリアム・ハスケルは1924年、ニューヨークにショップをオープンし、シャネルなどのフランス製コスチュームジュエリーを販売します。それから2年後の1926年にコスチュームジュエリーの製作販売を始めます。ハスケルはココ・シャネルと共にコスチュームジュエリーの地位を確立し、アメリカにおいてはジュエリー界の女王と称されるほどの成功をおさめますが、それはデザイナー、フランク・ヘスの存在と彼女自身の鋭敏な時代感覚があってこそのものでしょう。


ジュエリーを飾るパーツにはターコイズ、シェル、コーラルなどの天然素材、フランスやベネチアのビーズ、ボヘミアのクリスタル、ボヘミアやベネチア、日本の模造のパールなどクオリティーの高い素材が使われました。製作工程のほとんどが手作業であり、パーツはヴィクトリア時代のジュエリーを彷彿とさせる精緻なフィリグリー細工を施した金属パーツにワイヤーで固定されました。裏面にまで精蜜な細工が施されています。こうした妥協知らずのハスケルのジュエリーはハリウッド女優やルーズベルト大統領婦人など多くの著名人に愛されました。


ハスケルは1952年に引退。その後、オーナーが数回替わりましたが、今日でもミリアム・ハスケルのジュエリーは製造、販売されています。


1940年以前のジュエリーにはサインがありません。1940年代後半に MIRIAM HASKELL と刻印された馬蹄型の商標がつけられました。ごくわずかな期間しか使われなかったため、現在では目にすることは非常に稀です。1950年以降のジュエリーには、楕円型のサインがつけられています。

型番 N-008
販売価格
SOLD
お買い上げありがとうございました♪

  • この商品について問い合わせる
  • この商品を友達に教える
  • 買い物を続ける

Cart

カートを見る

Search

Category

Jewellery

New Arrivals

Recommendations

Information

送料

1万円以上のお買い上げの場合は送料が無料になります

支払い方法


銀行振込郵便振替代金引換

ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB

RSS